特別編 新製品「メタルマスター」インプレッション♪

2018/11/10

ども!!!

さてさてそろそろお店にも並ぶ予定の新製品、「メタルマスター」ですが、まずはコチラをご覧下さい♪

既に既存の商品である「リトルマックス」というメタルバイブとの比較動画なのですがいかがですか??

 

うん。フォールのスピードがかなりゆっくりなんですよ。

ひらっ!!ひらっ!!!ヒラ~~~」と落ちていく感じ、アピールに効いてると思うんです♪

ボクも発売少し前からエバーグリーンさんから送って頂いたので実釣で使ったので、発売間近に使い方のご案内をボクのブログをご覧の方に!!!と思い書かせて頂きました。

今回のメタルマスターなのですが、一平的感想をポイントで♪

 

1、使うロッドはメタルバイブ用より1段柔らか目の番手がGOOD!!

と言うのも、メタルバイブにあるブルブル感と言うのはメタルマスターにはありません。

なので、固めの竿でやるとすぅーーーーっとリフトしているので集中力が持たないかもしれません。

そこで、竿をやわらかめにすると竿の柔らかさでリフトアップして、リフトしきった所からのロッドの返りで引いてる感・操作感を持つと動いているイメージが持ちやすいですね♪

現にボクの使っているロッドと言うのも14g位まではウォーリアー(PCSC-66M)を軸に、軽い7gなんかはスムーズトルク(PCSS-65M)、18.5gより重たい所はテンペスト(PCSC-67MH)を使っています。

こちらの魚を釣ったのもウォーリアーで10gを使っていました♪

 

2、リフト後はなるべくラインテンションはフリーがオススメ。

フォールにラインテンションを張ると、スローには落ちていきにくいのでなるべくクラッチを切って待つのがオススメです♪

もしくは、リフトアップしたロッドを一番下まで下げてから待っても良いと思います。

3、バーチカル(フォールのヒラヒラ感)に攻めるだけでなく、キャスティングでも利用可能です。

このタイプのルアーって普通にゆっくり巻くだけで右へ左へにフリフリ動いて巻いてるだけでも結構なフラッシング効果があります。

 

なのでボートだけでなく、陸っぱりでも、野池でも、水深の浅いフィールドでも活躍が期待できるんじゃないかな??と期待しております♪

※海でのキャスティングでの青物狙いや漁港でのメバル狙いなんかでも使えそうですね。

4、フックの替えが過ぐにきく所も良いですね。

画像を拡大 worm20_01pkg.jpg

※写真はデコイさんより転載しております。

こちらの針が標準装備なので、一緒にご購入頂くと良いかもしれないですね♪

冬場の貴重な1バイトって、針の貫通力が命です。岩場や壁なんかを狙ったら必ずチェックしてくださいっ。

フックのサイズはエバーグリーンさんのHPでチェックして間違えの無いようにご購入ください。

https://www.evergreen-fishing.com/goods_list/MetalMaster_15007019_1.html

 

 

よし、しつこいようなのですがもう1回動画見ておきましょう♪

ここで、上の説明を読んでもらった後にもう1回見ると、イメージってしてもらいやすいんじゃないかな??と思いました。

 

早いところでは明日からお店に並び始めるのだそうですので、一度是非手に取っていただき、冬の釣りのお供にいかがでしょうか??

少し前に一緒に出船したむらっちさんもいきなりで良いサイズ釣られてました♪

 

この冬、一緒に楽しみましょう!!!

Peace。